こんな美容室には二度と行きたくない!

美容室で綺麗にしてもらいたい・・・しかし美容室選びに失敗すると大変なことになります。 - こんな美容室には二度と行きたくない!

こんな美容室には二度と行きたくない!

IMG_2599
池袋にある、とある美容師のことですが、二度と行きたくないと思う美容室になりました。美容室に行く最大の理由は、今よりもっと綺麗になることしかありません。しかも、そんなに安いとは言えない料金を支払うことになります。ヘアースタイルはいろんな場面で相手への影響があります。仕事でももちろんのことで、プライベートではかなりの影響があります。第一印象が変わって良い関係や出会いが無くなったり、崩れてたりする場合もあります。そんなに重要な美容室なのですが、最悪の状況になりました。そんなことにならないようにここでは、失敗しない美容室の選美かたのポイントを紹介いたします。

よくわからない

よくわからないけど、もしかしていいかもしれないという期待はあります。しかし、基本的な内容がしっかりしていない美容室はかなりのギャンブルです。
まずは、ここが最悪だ・・となる始まりかもしれません。初めから、なんとなく噛み合ないというかお店の料金設定がよくわからなかったりすることです。聞いても、いまいちよく分からない内容になっていて理解できないままに終了してしまうようなところです。これは危険度が高い美容室になります。

スタッフの教育、接客

girl10_l
お店の良い悪いはここに明らかに出できます。それは接客です。今はどんなお店も美容室に限らず何よりも重要なところです。電話で予約したはずなのに予約できていないなど、予約時間に来店したけど、待たされたなどがあります。なんの為の予約かわからない、こんな美容室も危険です。もう一つは、対応です。笑顔がなく疲れいるのか嫌なのか分からないような対応の美容室もあったりします。対応がわるくても、もの凄く腕に自信がありって評判のいいカリスマのような美容師だからしかたない。という時代ではもうありません。また、スタッフの基本的な教育ができていないようなところも危険です。接客が良くないところは最終的には残念な結果になる確率が高いことがあります。どんなに評判のいい美容室でもここがポイントです。

トラブルの時の対処法

実際に接客が良くないという美容室は珍しいくらい少ないものです。今の時代はモノより質の時代ですので接客にはどこの美容室でも最低でもマニュアル通りのことは抑えています。ですが、何か問題があった時に明らかになります。カットやパーマ、その他いろんな内容のことがあまり気に入らなかったりした時の対応が残念な時があります。こんなとき、その美容室や担当した方の都合で強引に、なんなく終わらせようとするようなところが稀にあります。こんな美容室は二度と行きたくない美容室です。

セールスしてくる

とにかく売り上げを上げないといけないのでしょう。店長や上司の方から言われていて売らないといけないのでしょう。必要ないし、いらないと言っているのに何度も営業トークをしてきたり、勝手に了解もなく使って後で料金に含まれているというパターンの美容室もあります。売り上げを上げないといけないし、セールスする商品自体いい商品で、もの凄くいいのですが、売り方が問題なこんなところはストレスが溜まるし、断るために気を使うので行きたくない美容室です。

ポイントは

自分に合うか合わないかということは重要です。どんなにいいと言われている美容室でも合わないと最悪のパターンになります。そこでポイントになることと言えば、電話での予約の際などで相手を探ることです。どんな方法や内容で綺麗にしてくれるのか?そんなことなど、システムのことなど明確に分かりやすく簡潔に説明してくれることが選ぶときのポイントになります。話しやすく、いろんな質問ができるような雰囲気の美容室が安心です。